照明は俺が設置した!

2017年10月7日

スポンサーリンク

照明はネットで探していたが、百聞は一見に如かずで、ケーズデンキに買いに行った。

予算は10万。

 

ヨメとあーだこーだと言いながらリビングの照明から考える。

リビングには2つ設置する。

ヨメと意見が一致したのはこちらの照明。

4万程度だった。

ただ、ダイニングテーブルの上か、テレビを見るリビング側かで揉めた。

 

解決してくれたのは、ダイニングに設置するもうひとつの円形の照明だった。

リモコンを見てもらえばわかるように、【図書館】「よみかき」モードボタンがある。

俺んちのような3LDKでは、将来子どもたちがリビングで勉強することもあるだろう。

ある調査では、リビングで勉強する子どもが5割以上いるらしい。

今やダイニングテーブルが勉強机というのは、当たり前なのだ。

だから、このような設定ボタンがあるのだろう。

ということで、ダイニングテーブルの上が円形の照明ということになった。

 

ある週末。

俺はひとりでマンションに行き、照明をセッティングした。

そのときの写真だ。

リビング側の照明の設置は少し苦労した。

このように、天井の陰影がきれいだ。

 

ダイニングの照明はシーリングライト。

☝️が【蛍光灯】「さわやか」モード。

☟が【食卓】「くつろぎ」モード。

写真ではわかりにくいが、だいぶ雰囲気は変わる。

 

主寝室はゴージャスにと思ったが、予算とヨメの意見で却下。

主寝室の照明と子供部屋の照明は同じ物を選んだ。

太陽・月をイメージさせる球形が気に入った。

調光も暖色系・冷色系があり、明るさも調節できる。

 

和室は1万もしない円形照明。

それでもまずまずだ。

最近の照明はホントにいい。

 

スポンサーリンク

照明は画竜点睛

『画竜点睛』とは最後の仕上げという意味で使った。

マンションの基本インテリアの最たるものだ。

壁・カーテン・照明。

照明のセッティングが終わり、俺は安堵した。

マンションが住まいとして完全に息を吹き込まれた、そんな感じ。

照明は、まぎれもなくマンションの太陽と月だ。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク