「危ないよ」と注意する旦那の忠告を無視するB型ヨメ

2017年10月2日

スポンサーリンク

このブログ、毎日70〜100のアクセスがあるから、俺も毎日更新を努めてきたが、仕事がハードで、しかも3歳の息子から風邪をうつされた。

金曜日から息絶え絶えに生きている。

カラダがだるくて仕方ない。

熱はないが、カラダの芯に生気がない。

お年寄りがただの風邪で亡くなることがあるが、わかるような気がする。

つくづく健康ってありがたい。

 

さて、日曜日の朝になってようやく記事を書く。

二杯目のコーヒーを飲みながら。

 

スポンサーリンク

危ないよ、と注意するんだが…

まずは写真を見てくれ。


何の変哲もない台所。

対面式の、近頃のマンションではおなじみの間取りだ。

使い勝手等については、ヨメが牙城としているエリアなので、ココではコメントを差し控えておく。

いずれ俺が主夫となり、俺流の台所となる日まで、雑然としてかっこわるい台所はしばらくの我慢だ。

今回の問題は、まあ、大したことではないが、しかし、よく見ると、大変危険な要素が含まれていると気づく人もいるだろう。

 

そう…。

壁に掛けてあるカレンダーなど。

「火に近いところに燃えやすいものは置かない方がいいよ。」と俺。

 

「・・・でも、ここが見やすいからさあ。」とヨメ。

 

結局、変える気はさらさらない。

だって、

我が道を行く

B型だから!

 

料理をしながらケータイで長電話をするヨメだから、俺はときどき台所で火の手が上がっていないか用心している。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク