油ぎったテーブルをきれいに掃除したっ!

2017年10月19日

スポンサーリンク

数日前テーブルを何気なく見たら、めっちゃ油ぎっていた。

これはひどすぎ!

夏は鉄板焼きもするから跳ねた油が染み込んでしまっている。

 

俺はその日のうちに掃除をしようと決心。

B型ヨメに掃除しろと言うよりも、気づいた俺がすべきだろう。

俺は掃除好きだし。

 

スポンサーリンク

ヨメ就寝後にお掃除開始

まあ、俺が掃除をしたからってヨメが機嫌悪くなるわけじゃないが、ヨメにはテーブルを掃除するなんてひとことも言わない。

ヨメは午後9時から10時の間に爆睡状態に入るから、そのあとの決行になる。

寝付きの悪い子どもが寝たのを確認して作業を開始した。

取りあえず息子のおしりふきでサッと拭いてみる。

もちろん、油の取れた様子はない。

次にやはりコレ。

台所用洗剤はいたるところで使える。

全体に洗剤を行き渡らせ、しばし放置。

キッチンペーパーで拭き取る。

 

俺んちのテーブルを説明しよう!

せっかくだから、ここでテーブルを紹介しよう。

これはマンション購入の際、あなぶきが開催した家具販売会で購入したモノ。

この販売会で購入したものは、また次回記事にしたい。

 

このテーブルは、簡単にいうと引き出しテーブルが左右に付いていて、約四割広くなる。

このメリットが気に入り購入を決定。

祖父祖母や来客のときはもちろん、お鍋や鉄板焼きのときは重宝する。

 

テーブルをある液体で蘇らせる!

ここまで掃除して、まあ、きれいになった。

しかし、不満が残る。

イマイチだ。

 

こんな掃除なら、わざわざ記事にするまでもない。

もっときれいになる、もっといい方法はないか?

ネットで調べてもいいが、今回はそれはせず。

というのは、重曹というものを思いついたからだ。

 

当たり前だがB型ヨメはこんなものは使わない。

デキルヨメなら、これは絶対に使うし、ぬか床も持っている。

 

俺がなぜ持っていたかというと、飲料用として使っていたからだ。

ネットで胃腸炎や胃がんの予防に効くと知り、薬局で買って飲み始めていたのだ。

これも使えるだろうと判断。

重曹は万能だと聞いていたから。

まんべんなくテーブルに染み込ませ、やはりキッチンペーパーで拭き取る。

かなりこすりつけた。

 

すると!

わかるだろうか?

違いが!

ビフォア

&アフター

手触り・肌触りも気持いい!

買った当時の質感に完璧に戻っている。

 

満足のコーヒーを飲む

重曹恐るべし!

飲用もかなり使える。

きれいなテーブルの居心地がよくて、コーヒーを一杯。

作業時間は30分程度。

寝室からはB型ヨメのイビキが高らかに聞こえ始めた。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク