俺んちのホームシアターシステムについて話す

スポンサーリンク

秋の夜長とは言うが、俺に言わせれば時間が足りん。

映画を見るヒマもない。

 

現状は、相変わらず夕食は午後7時。

夏の頃と変わらん。

 

俺は日曜日、家族に冬時間を宣言。

夕飯を早める努力をするよう促した。

 

ところが今日帰ってみると、子どもらはiPad。

B型ヨメが子守りに使ったらしい。

わがまま肉脚長男は、iPadでYouTubeが見れなくなったので怒り出した。

てんやわんやで夕食は午後7時を過ぎる。

 

長女も目が硬くなかなか寝つかない。

俺んちの教育方針、見直す必要がありそうだ。

 

ホームシアターはやっぱSONY

子どもらを午後9時には寝せて、リビングでゆっくりと映画でも見たいもの。

そのためにはまずホームシアター音響システムだが、俺んちでは早くから買っていた。

スポンサーリンク

リアル5.1サラウンド ワイヤレス接続 SONY HT-RT5

値段は80,000円ほど。

安くはない。

しかし、俺としてはこれぐらいは覚悟。

いい音を得るために妥協はない。

というか、俺が妥協するのはB型ヨメに対してだけだ。

 

SONY HPから写真を拝借。

サンキュー、SONY。

写真でわかるように、トップバーとウーハー。

後方にリア。

このすべてがワイヤレスでつながる。

ただし、電源が必要だ。

この写真には、リアスピーカーに電源コードが見えないから誤解が生じる。

これはかなり重要で、実際には太い電源コードがあり、コンセントが必要だ。

 

トップバーにはセンタースピーカー、フロントスピーカーが配置されている。

直径6センチのスピーカーの円形はまったく見えない。

写真のように接続情報やリモコン情報が表示される。

 

Bluetooth接続でスマホの音楽も聞けるが、俺はまだ試していない。

 

俺んちのホームシアター問題とは?

実際の俺んち。

55型TVに対してはこの長さ。

こういったフロント置きにはひとつ注意が必要だ。

それは、テレビリモコンが角度によって届かない。

スピーカーが障壁となっているわけだ。

まあ、大して苦にはならない。

 

ウーハーは左サイドに置いて見えない。

重低音のかかり具合はリモコンで調整できる。

 

リアスピーカーはステレオセットのスピーカーの上。

はっきり言ってこれはダサい!

いずれやめようと思っている。

 

というのは、リアスピーカーの位置がフロントスピーカーから遠いからだ。

現在のところ約6m離れている。

サラウンドシステムを最大限に楽しむならば、3mが限度だ。

 

これが俺んちのホームシアター問題。

いよいよ本格的に映画鑑賞を楽しむ今秋、スピーカーシステムの位置替えが必要になる。

たぶん数日内になんとかするだろう。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク