ドラマに学ぶインテリア 【結婚できない男】

スポンサーリンク

めっきり寒くなった。

こりゃ本格的に冬が来る。

12月になったしね。

 

俺のブログ、ここんところPV数が激減。

いいときは1日150だったのが、昨日からついに20ほどになった。

 

まあ、ブログなんぞにやっきになってもおかしいしね。

前回ホームシアターに関して記事にしたが、映画やドラマ、ライブを秋の夜長に楽しんでいる。

 

さて、そんななかAmazonビデオでつい見てしまったドラマ。

【結婚できない男】

阿部寛主演。

 

このドラマのインテリアが気に入ってしまった。

 

キッチンを生活の中心にした家づくり

主演の阿部寛、結婚できない男は建築家。

キッチンを中心にしたデザインをモットーとしている。

それだけに、自宅もそんな作りになっている。

誰に断ったらいいかわからんが、写真を拝借いたします。

 

広いワンルーム。

キッチンをベースにしているというのがよくわかる。

おもしろいのは、お一人様なのにキッチン重視ということ。

グリルが大理石の四角いテーブルに組み込んであり、それと同じくしてダイニングテーブル。

この四角2つの並びが、この部屋のメインコンセプトということだろう。

左奥、窓を背にしてリビング。

窓側にはワーキングデスク。

一人暮らしにはまったく贅沢な空間。

 

逆アングルから見る。

ここでは照明がポイントとなるだろう。

ダウンライトと、出窓の円形ライト、フロアスタンドの立方体。

独り掛けソファーの横のテーブルスタンド、そしてテレビの上の間接照明。

見えるべきところがしっかり見えながら、陰影礼賛ともいうべき光の強弱が程よい。

余談だが、ダイニングテーブルに椅子はひとつ。

結婚する気がないこと、客を呼ぶ気がないことがこの辺りからもわかる。

 

スポンサーリンク

やはりタリアセン

俺が欲しいタリアセン。

存在感際立つ。

ドラマでもやっぱり使われていた。

実際には壁からけっこう離れている。

空間に余裕があるって大事だな。

 

オーディオセットは特筆すべきことはない。

 

カーテンの色が俺んちとほぼ同じだったんでうれしかった。

 

俺はこのドラマのストーリーを追いながらも、主人公が住むこの部屋を隈無く観察。

贅沢なその空間を味わった。

家族もちにはぜったいにマネのできない空間づくり。

せめてドラマで堪能しよう。

 

今後もドラマのインテリアに着目した記事をアップしていこうと思っている。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク