カミングアウト! 俺はズラをかぶっていたぞっ!

2017年12月5日

スポンサーリンク

記事がやっと70に到達。

人気のない記事は削除してるからなかなか記事数が伸びない。

カテゴリーも記事数がバランスよくならんといかんから、気を使う。

 

ふとカテゴリーをチェックしていると、【ライフ】カテゴリーの記事が滞っていた。

永ちゃんの記事以来だ。

そろそろ矢沢永吉邸の間取りでも書こうかと思ったが、まあ、もうちょっと待とう。

あんまり意味あることにも思えないし。

 

さて、今回の記事は、簡単に言うとカミングアウトだっ!

 

俺は昔ズラ被り!

まあ、50歳を過ぎると解脱するもんだ。

人付き合いとか、過去のこととか、どうでもよくなる。

俺のこれまでの半生を語ったところで、万が一名前がわかったところで、動ずることはない。

自分の半生を振り返り、客観的に自分の価値を考えるのも大事なことだしね。

 

スポンサーリンク

俺のヅラ人生

確かな記憶ではないが、2004年から2014年までの10年間ほど、俺は某有名メーカーのズラを被っていた。

自然がどうのこうのというメーカーだ。

2004年から2年ほどは増毛。

その後カツラになった。

俺はいわゆる、まるっきりのつるっぱげではない。

斉藤さんよりはある。

斉藤さん、勝手にすまん。

いわゆる薄毛というやつで、俺はハゲる前の対策としてズラを被ることにしたのだ。

 

費用がバカにならん

これ、当たり前だな。

最初はようわからんまま、某カツラ会社に相談。

あれよあれよという間に契約。

ひと言で言うと、カツラひとつ60万はする。

カツラ会社は、「スペアがあった方が長持ちする。」と言うので、2つは買わされる。

それでも、ひとつのズラは2年ほどで劣化。

毛がチリチリに。

そしてまた購入することになる。

俺はこれを10年間。

単純に見積もって、ズラの購入だけで400万を越えただろう。

 

散髪代とか、メンテ代とかも

ただ単に着脱式のヅラを買い、必要なときに使うという方法であれば、これほどの費用はかからないだろう。

しかし大抵の場合、必要なときというのは、有り得ない。

常にフサフサな方がいいに決まっている。

 

とすると、月1回、散髪とメンテのため某ヅラ会社に行くことになる。

着脱は簡単なパッチン式ではなく、強度を増すため地毛に固定する方法。

だから散髪と、ヅラのメンテと、ヅラの固定。

半日ほど時間がかかった。

散髪、メンテ代は毎月5,000円。

1年で6万。

10年で60万円。

 

まあ、これは、美容室にいけばこれくらいはかかる。

 

ただ参ったのは、このズラ会社、ビルの真上にでっかい看板。

そこに入っていいく俺たちヅラ組。

その真ん前はバス停だ。

しかもかなり人がいる。

入って行くのがホント、、苦痛だったよ。

 

おっと、B型ヨメが呼んでいる。

俺んちは今からイオンモールに暇つぶしに出かける。

ヅラのハナシはまた次回。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク