B型ヨメのアバウトさが災いした俺んちの衣装ケース

スポンサーリンク

どんよりとした空から雨が降っている。

味気ない日曜日だ。

 

俺は今日も子守り。

iPadでYouTubeを見せている。

子どもら、一度見始めるとトイレに行くのも惜しんで見続けている。

この間にブログ更新。

おっと、長女が「パッドの電池が切れた〜。」と言ってきた。

充電を怠っていた。

こりゃいかん。

 

クローゼットの収納

収納キャパが少ない俺んちにとって、主寝室、子供部屋のクローゼット、そして和室の押し入れの有効活用は必須である。

断捨離は当然、どのように収納するか、ある程度の知恵が必要だ。

マンションブログでは、収納方法を紹介したブログが人気だ。

主婦の知恵が生きている。

 

だが、しかし。

うちのB型ヨメ。

そういった工夫はどちらかといえば苦手だ。

それがよくわかるエピソードを今回は記事にする。

 

スポンサーリンク

買った衣装ケースが入らないという事態

写真を見てくれ。

衣類が見えるからじっと見てはいかん。

これは主寝室の衣装ケース。

つまり、俺とB型ヨメの衣類を入れている。

説明するまでもなく、右が俺、左がヨメだ。

取手を見てくれ。

なんとちゃちいことか!

 

大人の衣装ケースとは言いがたいほどダサい。

それもそのはず。

元々はこれ、子供部屋のクローゼットに入れるつもりのモノだった。

つまり、子ども用の衣装ケース。

ちゃちいのは当たり前。

では、なぜ主寝室で使うことになったのか?

 

こちらが子供部屋のクローゼット。

ここに、あの衣装ケースが入らなかったのだ。

なぜか?

B型ヨメ。

「入ると思ったんだもん。」

と言った。

 

「ちゃんと計れよ〜。」

と俺は言いたい。

 

まあ、ふだん見えるもんでもないからよしとしているが、このB型ヨメのアバウトさが、きっといろんな場面で災いとなるだろう。

俺はそう予感している。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク