やっぱマンションは温かいぜっ!

2017年12月19日

スポンサーリンク

いよいよ明日は強い寒気団がやってくるらしい。

これまで以上に寒い朝になるようだ。

 

新築マンションに住み始めて初めての冬。

今、しみじみマンションのあったかさを実感している。

 

俺んちのエアコン

リビング・ダイニングは約13畳、和室4.5畳。

この広さに対応できるエアコンを当然選んだ。

日立のしろくまくん。

主寝室も同じ。

ただしこちらはパワーは小さい。

 

どちらもあなぶきが主催する販売会で購入。

室内はもちろん、室外のカバーはバッチリ。

販売会ではエアコンメーカーが日立しかなく、それが難点だったが、カバーの設置が確実だというので購入を決定。

電気店でもカバーは設置できるらしいが、なにかトラブルがあってはいかん、と考えた。

特に主寝室は、エコカラットも貼ったしね。

 

ちなみに、子供部屋にはエアコンは付けなかった。

夏は扇風機でよし。

冬も暖房はいらないはず。

それが的中した。

 

スポンサーリンク

寝室は暖房いらず!

はっきり言って、ふとんがあればオッケーだ。

まったく寒くない。

リビング・ダイニングはさすがにエアコンをオンにするが、主寝室のエアコンはオフでも大丈夫。

リビングのエアコンとて、26度設定で十分。

どうやら、B型ヨメが欲しがったストーブはいらないようだ。


俺んちは中部屋。

サイドには3世帯の部屋がある。

あったかいのは当たり前だろう。

 

お気に入りの五面窓はしっかりとカーテンを閉める。

 

問題は換気

冷気を防ぐには窓を閉めればいい。

しかし、窒息死もいかん。

マンションでは換気が大事だ。

リビングの換気システム。

外気の流入を三段階で調節できる。

冬は外気流入を最小限にすればいい。

 

洗面所の24時間換気は常にオン。

モーター音が聞こえるほど働いてくれているから、メンテが大事だ。

一ヶ月に一回は掃除をすべし。

 

これは主寝室。

窓の上部に換気口があり、開閉できる。

夏は開けていたが、今はさすがに閉じている。

開閉の度合いも調整できればなおベストだが、これはそれができない。

ただ、換気能力は高い。

換気のために窓を開けなくても、こちらを開けばオッケーだ。

子供部屋にも同じものがついている。

 

まとめ

マンションの中部屋は、当たり前だが冬はかなりあったかい。

それを実感しているこの冬だ。

ふとんがあれば夜は暖房いらず。

電気代も節約できる。

ただ、注意すべきは換気。

乾燥しやすい季節でもあるので、室内の空気には最前の注意を払ってこの冬を過ごしたい。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク