マンション3階の屈辱とは?

2018年2月14日

スポンサーリンク

どもっ!

クールキャットだ!

おひさ〜。

12日ぶりの投稿になる。

が、毎日100以上のPVがある。

有り難いことだ。

ネタがないわけじゃないが、このところ忙しくて。

久しぶりの投稿だが、今回もあんまり中身はない。

 

以前、3階くらいがベストと言ったが…

そう。

朝は混雑するから、エレベーターを使わず階段を下りることが多い。

そういった場合では3階あたりがベスト。

だが、最近エレベーターで屈辱を味わった。

それは1階から上がるときだ。

数人とエレベーターで乗り合わせた。

3階の俺が最下階という確率が高いから、ヒトがいい俺はボタンの前に立ち「何階ですか?」と聞く。

すると、「6階です。」「10階です。」

多少、感謝を込めたトーンで言う住人ならまだいいが、この間乗り合わせたヤツらは明らかに優越感を俺の背後で漂わせていた。

こんなことが続くと、

 

俺はエレベーターボーイかっ!

 

と怒りがふつふつとワイてくる!

 

スポンサーリンク

最上階は熱効率が悪い!

ハナシは変わるが、最近読んだ本からの情報をひとつ。

最上階は直射日光が天井に当たるから、夏は暑いそうだ。

もちろん、冬は暖かいのかもしれんが。

最上階は眺めはいいが避けたほうがいい、とその本は言っとった。

 

まあ、マンションが何階であれ、マンションライフは心の持ちようだ。

こうなったらこのマンションのエレベーター係になってやる!

 

しかし、寒いなあ。

通勤は大変だし。

大雪で1000台近くが立ち往生した地域もあったが、これ以上難儀なことにならんように祈る。

みなさんクルマの運転にくれぐれも気をつけましょう。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク