コーヒーメーカー【シロカ】を買ったぞお!

スポンサーリンク

久しぶりの記事投稿になる。

おすっ!

クールキャットだっ!

 

年度末、年度始めはやっぱ忙しいな。

といいつつ、3月末には花見に行ってきた。

桜の下で、美味い弁当を食らい酒を呑み、生きてる喜びをかみしめてきた。

花びらが弁当の上にはらりと落ちて、なかなかの風情。

古典でいうと「あはれなり」、というところか。

 

シロカのコーヒーメーカー、購入

コーヒーメーカーについてはすでに記事にしてきたが、このブログに初のコメント投稿があり、その投稿で知ったのが【シロカ】という家電メーカーだった。

https://www.siroca.co.jp/

 

数ヶ月購入を検討し、B型ヨメも

「いいじゃん!」

 

しかし、まあ、ドリップでも特に不満はなかったから買いあぐねていたが、このB型ヨメが突然電気ポットを使用しないと宣言。

「電気代がかかるから。」

という理由。

俺に言わせれば、ヨメのドライヤーの方がよっぽど電気代を食っている。

風呂上がりに10分、朝10分使うから、もう少し節約できないかと俺は思う。

 

スポンサーリンク

キッチンカウンターにピッタリ!

B型ヨメ、早々に電気ポットを押し入れに廃棄。

やかんでも買うのかと思ったが、その気配はなし。

仕方なく俺はナベで湯を沸かし、コーヒーをドリップしていた。

 

だが、こんな生活はもう限界!

数ヶ月熟考してきたシロカのコーヒーメーカーを、ネットでついに買い物カゴへ。

そして到着。

ジャパネットタカタが安かった。

しかもコーヒー豆がついてくる。

100gが3袋。

シロカ製で、このコーヒーメーカーのためのスペシャルブレンド。

開けてみる。

モノを買ったときは、こういった瞬間がたまらん!

さっそく豆を入れてスイッチオン。

コーヒー豆が見えるのがいい!

時刻を設定し、タイマー予約もできる。

味は深い。

当たり前においしい!

豆から挽くというのは、やはり違う。

粗挽き・中挽き・細挽きを無段階で調整できる

これがうれしい!

しかも、

テイストも「マイルド」と「リッチ」の2種類から選べる

 

音もそううるさくはない。

コーヒーの香りが部屋に拡散する気配はない。

味わいはすべてサーバーに詰め込まれる、という感じ。

ガラスサーバーがおなじみだが、俺は耐久性を考えてステンレスサーバーを選んだ。

C111のガラスーサーバーは保温機能が付いているが、煮詰まるのがNG。

ステンレスサーバーは真空二重で保温する。

見た目がツートンになるシルバーは、キッチンカウンターで映える。

いいんじゃね?

給水タンクも背後にあるから便利。

 

ちなみに、フィルターはチタン製。

もちろんペーパーフィルターも使える。

 

チタン製は、豆を細挽きにした際に若干搾りかすが残る。

しかし、それも味わいのひとつ。

捨てるのが少し面倒。

 

ペーパーフィルターは、すっきりした味わいになる。

が、多少はペーパー臭さが…。

捨てるときは便利。

 

毎日が楽しくなるコーヒーメーカー

無印にするか、パナソニックにするか、相当悩んだが、シロカにしろか?

ということで購入決定。

今は毎日おいしいコーヒーを楽しんでいる。

しかし、まあ豆代もバカにならん。

シロカの豆は170gで1,500円。

俺はコーヒーをよく飲むからなあ。

どっかに安くておいしいコーヒー豆はないかしら。

にほんブログ村 住まいブログへ

スポンサーリンク