俺の天敵B型ヨメ

以前、バスルームの異臭事件について記事をアップしたが、その件は単純にB型ヨメがフタを閉め忘れただけということが判明し、無事解決。

それから1週間後、B型ヨメがこう言った。

 

「今度はシンクが詰まったんよ。」

 

「やれやれ。」と俺は思った。

どうせまた、ヨメに原因があるに違いない。

 

で、詳細を聞くと、詰まったんではなく、ゲホッと妙な音。

そう、まさしく誰かがゲップをしているような・・・

 

あなぶきコミュニティで連絡すると言うと、

「大丈夫、もう電話したから。」とヨメ。

今回は手回しがいい。

 

シンクが詰まった原因とは?

「料理をしたときに出るアブラですね。あれが冬は固まりやすいんです。だから、こまめにお湯を流すなどしてください。」

だそうだ・・・。

 

B型ヨメは言われた通りに。

それでもシンクからのゲップはたまに出る。

 

ゲホッ!

 

 

B型ヨメはカオをしかめるが、俺はこう言いたい。

 

「うちはアブラ料理が多いってことだろ!」

 

もう少しは高血圧の旦那の健康も考えてもらいたい。

俺の天敵B型ヨメ

クールキャットだっ!

いやあ、忙しい。

俺は多趣味だから、ブログばっかりやってられん。

実は、俺は作詞作曲もするんだが、定年後はシンガーソングライターになりたいと思うようになった。

松山千春の影響だ。

しかも今年の初夢は、何でか知らんが、『サンボマスター』っていうグループの一員になり、ステージに立つ夢だった。

ちなみにサンボマスターの曲はまったく聞いたことがない。

まあ、夢ってそういうもんだよな。

とにかく、夢に向かって今年から本格的に曲づくりを初めた。

簡単な曲ならすぐ作れるが、本格的に作るとなるとなかなか作れない。

まあ、一曲できたらこのブログでも紹介しようと思っている。

 

12月の電気料金が大爆発!

今回の記事もB型ヨメがやらかしたハナシ。

12月の電気料金がハンパない!

写真を見てくれ!

27,163円!

 

どうすりゃ、こんな金額になるんだ!

 

以前記事でも書いたように、マンションはあったかくて、エアコンなどの暖房はそうは使わない。

電気代は安いだろうと考えていた。

なのに!

この金額はなんだ?

 

B型ヨメに言うと、電気料金の明細書を持ってきた。

だが、そんなもん見てもどうしようもない。

「なんでやろ?」

 

なぜ電気料金が高くなったのか、ヨメが俺に調べろというのでネットを見る。

そして原因がわかった!

 

犯人は・・・浴室乾燥機!

12月に使いだしたのはコレ。

以前記事にも書いた。

冬はめっちゃ便利だと。

だが、めっちゃ電気代がかかる。

というのは間違いで、使いすぎれば当然電気代はかかるのは当たり前。

一日2〜3時間の使用なら、電気代は通常月より+2000円程度とネットで調べてわかった。

 

真犯人は・・・

言わずもがな、B型ヨメだった!

ヨメは、パートに行く前に乾燥機をつけて、パートから帰るまでつけっぱなしにしていたのだ。

「タイマーつけたけど。」

とヨメは言うが、ウソだ!

タイマーセットをやらせてみたが、うまくできなかった。

つまり、日常的に使っていないということは明白だ。

しかも、俺は見た!

浴室に干してある服が、乾きを通り越して人肌ほどのあったかさになっているのを!

俺は慌てて乾燥機を止めた。

 

実は、普段からB型ヨメに節電の意識はない。

雨の日は昼でも暗いからと電気を付ける。

これがいかんのだと思う。

 

どこぞの人気ブログでは、12月の電気料金が4000円だったと自慢しとった。

良妻賢母って、羨ましいかぎりだ。

 

しかし俺んちのB型ヨメも、さすがにこの電気代にはビビり、以来浴室乾燥機はまったく使わなくなった。

夜、リビングに部屋干しをするようになった。

洗濯物がうざったいが、仕方ないと思っている。

家族全員で節電に努めようと話し合った。

まあ、この件はいいクスリにしようと思う。

俺の天敵B型ヨメ

今日は全国的に大荒れの天気だったらしい。

俺が住むここも、雪こそ降らなかったがまるで嵐。

雹(ひょう)がクルマのフロントガラスを割れるほどたたいた。

 

仕事を早めに切り上げて、子どもを幼稚園に迎えに行く俺。

ヨメはパート。

夕方子どもと帰宅したが、俺はクルマのガソリンが不足していたので、ヨメの帰りを待って再び夕暮れの街へ。

大渋滞。

なんとかスタンドへ到着。

そこでB型ヨメから電話。

「ごめん、からし、買ってきて。」

 

・・・。

疲れがドッと出るこの言葉。

外は大雨。

大渋滞。

スタンドの近くにホームセンターはあるが、からしを買いに行くだけで30分はかかるだろう。

できれば俺は、いっときも早く帰って風呂に入りたい。

子どもを迎えに行ったとき、子どもを雨から守るために濡れたからだ。

「おかず、豚の角煮やけど。」

 

・・・。

行くしかないじゃないか!

豚の角煮には、からしがいるじゃんか!

 

ヨメの使い走りに疲れる旦那

世の旦那方は、俺みたいに、ヨメに使い走りにされる傾向があるようだ。

「○○買うの忘れちゃったから、買ってきて。」

マンションに帰宅してからメールを見るときもあるから、ガックリくる。

 

これまで買ったもの。

・ からし

・ ボンベ(鍋)

・ ホッカイロ

・ ティッシュ

・ トイレットペーパー

・ おむつ(おしりふき)

・ 肉

・ ビール、焼酎

 

パートは5時間程度

ヨメのパート時間。

俺は10時間ほど。

だから俺は言いたい。

 

お前が買いに行け!

旦那をパシルな!

 

買い忘れはヨメの落ち度だ。

自分で買いに行けばいい。

 

ただ、夕食の準備があるから忙しいのはわかる。

洗濯物もたたまんといかん。

 

結局、俺はこの日の夕方、からしだけでは虚しいので、いらんもんまで買って帰った。

ヨメがお気に入りのブレンディのコーヒーも買ってやった。

俺の天敵B型ヨメ

どもっ!

クールキャットだっ!

いよいよ新年も本格的にスタートした。

 

俺の新年の抱負は、ずばりダイエットだ。

高血圧の俺に、B型ヨメはやたらと米を食わせたがるし、塩辛いものを食わせたがる。

俺を長期的計画によって抹殺しようと企んでいるのかと思うこともあるが、ただ単に何も考えていいないのだ。

ノンアルコールデー、つまり休肝日を週2回と決意した俺に、いかにも酒が合いそうな料理を作りやがるし、今夜も、以前記事にした無料ジムに行こうとすると、

「冷蔵庫にハイボールあるよ。」

今日はノンアルコールデーの俺に、チューハイをあおりながらこう言いやがった。

ジムから帰り、一旦冷蔵庫を覗いたが、俺はハイボールには手を出さなかった。

そう!

B型ヨメの誘惑に俺は勝った!

 

ヨメは数年続いたお産による禁酒生活から抜け出したばかり。

その反動が今きてる。

ヨメは自分だけ飲むのが気が引けるようで、そこんところは可愛げがあるが、どうせしばらくもすれば開き直るだろう。

その前兆を、俺は今夜垣間見た気がした。

以前、俺がノンアルコールデーを実施したときは、「わたしも飲まないから。」なんて言ってやがったくせに!

 

機械に頼りすぎないB型ヨメ

愚痴ってしもた。

さて、

B型ヨメの悪口ばかり記事にしていても気が引けるので、今回は長所をマンションネタで述べたいと思う。

まずは写真から。

キッチンのとある引き出し。

小物が無造作に置かれているが、本来ならここに食器洗浄機が入る予定だった。

オプションで確か15万ほどかかる。

が、俺は付けるつもりでいた。

というのは、こんなもの☝️を置かなくてすむし、当然便利だからだ。

ところが、ヨメが却下!

「手で洗えばいいじゃん。」

 

まあ、そりゃ、そうなんだが…。

 

次の写真。

見ての通り洗濯機。

11万ほどしたが、俺に言わせればダサい!

俺はこんなの☝️が欲しかった。

乾燥もできるし、さらに浴室乾燥を使えばバルコニーに洗濯物を干さなくて済む!

 

ところがどっこい、ヨメは、

「やっぱさ、太陽に干さないと。」

 

・・・。

B型ヨメは大の洗濯好き。

朝の5時から洗濯機を稼働させている。

6時過ぎにはもうバルコニーに干している。

液体ボールドを1週間で使い果たす。

 

いいのか悪いのか…

洗濯機の購入に関してはヨメの一存だったから、やむなくダサい洗濯機を購入。

食器洗浄機をつけるにしても、ドラム式洗濯機を買うにしてもカネがかかるから、経済的な面では大助かりだった。

ただ・・・。

ダサい・・・。

キッチンの上はスマートにしたかったし、バルコニーに洗濯物を干さない生活が俺はしたかった。

しかし、機械に頼らず、人間ができることはするというB型ヨメの考え方に、俺は感服した。

まあ、ヨメがそこまで考えているかどうかは疑問だが…。

俺の天敵B型ヨメ

さて、今回も大した記事じゃない。

久しぶりにB型ヨメの話題。

 

クリスマスの悲劇

去年のエピソードで申し訳ないが、どうでもいい事件をひとつ。

写真を見てくれ。

クリスマスの飾りが唐突に現れた!

いつものとおり、容赦のない押しピン攻撃。

俺は落胆とともに心で落涙。

その数日後、クリスマスが終わり、取り外されていた。

その跡・・・。

B型ヨメは、これをどうとも思わんらしい。

小さな穴だが、この穴がやがて悲劇をもたらす。

オランダの堤防の穴と同じだ!

(☝️わかるやつにはわかる。)

 

椅子ソックスの悲劇

写真を見てくれ。

和室の畳が長男に荒らされるので、安いカーペットを買ったんだが、長男からついにクルマを取り上げることに成功。

☝️コレ。

で、ヨメが押し入れにしまっていたので、暮れの大掃除のときテーブルの下に敷いてみた。

すると、

こうなった。

カーペットを敷いたんだから『椅子ソックス』は不要だ。

にもかかわらず、B型ヨメは履かせたがる。

俺はそもそも、この『椅子ソックス』はダサいと思っている。

 

キッチンの悲劇

いや、べつに悲劇ではないか・・・。

B型ヨメが好きな百均から買ってきた飾り模様。

俺に言わせればフツーすぎる。

 

最近アノ日で・・・

機嫌が悪い。

年末年始は俺の実家に帰っていろいろとがんばってくれたB型ヨメ。

「アレが長くてさ、イライラする!」

 

って言うから、俺は文句を言わず、ヨメの言うことを聞いている。

 

今年もB型ヨメのおもしろいエピソードがありますように。

・・・。

それも困るか・・・。

俺の天敵B型ヨメ

どんよりとした空から雨が降っている。

味気ない日曜日だ。

 

俺は今日も子守り。

iPadでYouTubeを見せている。

子どもら、一度見始めるとトイレに行くのも惜しんで見続けている。

この間にブログ更新。

おっと、長女が「パッドの電池が切れた〜。」と言ってきた。

充電を怠っていた。

こりゃいかん。

 

クローゼットの収納

収納キャパが少ない俺んちにとって、主寝室、子供部屋のクローゼット、そして和室の押し入れの有効活用は必須である。

断捨離は当然、どのように収納するか、ある程度の知恵が必要だ。

マンションブログでは、収納方法を紹介したブログが人気だ。

主婦の知恵が生きている。

 

だが、しかし。

うちのB型ヨメ。

そういった工夫はどちらかといえば苦手だ。

それがよくわかるエピソードを今回は記事にする。

 

買った衣装ケースが入らないという事態

写真を見てくれ。

衣類が見えるからじっと見てはいかん。

これは主寝室の衣装ケース。

つまり、俺とB型ヨメの衣類を入れている。

説明するまでもなく、右が俺、左がヨメだ。

取手を見てくれ。

なんとちゃちいことか!

 

大人の衣装ケースとは言いがたいほどダサい。

それもそのはず。

元々はこれ、子供部屋のクローゼットに入れるつもりのモノだった。

つまり、子ども用の衣装ケース。

ちゃちいのは当たり前。

では、なぜ主寝室で使うことになったのか?

 

こちらが子供部屋のクローゼット。

ここに、あの衣装ケースが入らなかったのだ。

なぜか?

B型ヨメ。

「入ると思ったんだもん。」

と言った。

 

「ちゃんと計れよ〜。」

と俺は言いたい。

 

まあ、ふだん見えるもんでもないからよしとしているが、このB型ヨメのアバウトさが、きっといろんな場面で災いとなるだろう。

俺はそう予感している。

俺の天敵B型ヨメ

俺が最近よく作る料理がハンバーグ。

肉厚で、最低4センチ。

子どもらに人気で長女の誕生日でも作ることになった。

 

俺の肉厚ハンバーグに対抗してか、B型ヨメが作ったチキン南蛮がコレ。

ムネ肉で作るチキン南蛮が鉄板だが、ヨメはもも肉を使った。

 

まあ、それはそれとして、突然ヨメが大騒ぎ。

 

「ごめん、焼けてへんわ!」

 

急いで揚げ直す。

すでに切った断面も揚げてあるから、サラダ油感がハンパない。

 

高カロリーで俺の血圧も上がりっぱなし。

最近、朝が150もある。

俺ってやっぱ長生きせんわ。

俺の天敵B型ヨメ

お察しの通り、俺は敏感肌。

乾布摩擦を時々するが、肌が真っ赤になる。

 

最近異常なことが起こった。

カラダの所々が、ピンポイントで痒い。

 

俺は真剣に悩んだ。

ベッドのマットレスかもしれん。

そして、例のモノの購入を真剣に考えた。

レイコップ?

でも、これ評判悪いらしいね。

ダニは普通に掃除機で吸い込んだ方がいいらしい。

 

B型ヨメは洗濯が好きで、布団類もよく天日干しをしている。

だからマットレスと考えた訳だが、掃除機で掃除しても症状はよくならない。

 

原因は意外にもこいつだった。

写真を見てくれ。

恥ずかしながら俺の愚息だ。

大の肉好きで、食欲旺盛。

だから太っちょ。

脚も太く、もはや将来ジャニーズに入る可能性は断たれた。

 

写真ではわかりにくいが、この息子が腰かけているおもちゃは車輪がついており、この姿勢でマンションの部屋を動き回る。

畳や床が傷つくから、俺は叱りつけるが、B型ヨメはおおらかだ。

 

「すごい脚だよね。」

 

部屋を縦横無尽に動き回る愚息を微笑ましく眺めている。

ダメだこりゃ!

 

痒みの原因

写真を見てくれ。

ある日、畳に座って気づいた。

畳のくずがあちらこちらに落ちている。

原因は、明らかに愚息だ。

あのクルマに乗って動き回るものだから、案の定、畳が傷ついていた。

 

そして、あのB型ヨメが、洗濯物をこの畳の上で畳むのだ。

 

・・・。

痒みの原因はコレだった。

 

俺がこのことを指摘すると、ヨメはガッテンした様子。

実はヨメも痒かったらしい。

 

愚息に言い聞かし、クルマを畳の部屋に乗り入れないことを約束させた。

その結果、今は妙にカラダが痒いということはなくなった。

 

愚息もいろいろとやらかしてくれるが、子どもだから、まあ仕方ないかと思っている。

俺の天敵B型ヨメ

今日仕事から帰ると、長女が鍵盤ハーモニカで「幸せなら手をたたこう」を練習している。

わざわざ俺の寝室にやってきて、練習を始めた。

プロフィールにも書いているように、俺はビートルズが大好き。

4人が生まれた家にも行ってきた。

曲を作るなんて朝飯前。

ただ、ビジュアルが悪いから世に出ないだけ。

 

俺は長女が一生懸命練習しているから、疲れはあったが付き合った。

 

そこへヨメが、「もう、早くお風呂に入ってよ!」

機嫌が悪い。

 

おっと!

そうだった!

アノ日に入ったか?

 

俺はガッテン、ガッテン、ガッテン!

手のひらを3つ打つ。

 

ちょうどその時期だ。

こういうとき、B型ヨメはさらに理不尽になる。

 

ここはB型ヨメの怒りが増幅しないように、素直に風呂に入るべきだが、長女が熱心だったので付き合うことにした。

 

聞けば、長女は実はタンバリン。

鍵盤ハーモニカではない。

今度の発表会の練習だろう。

担当はタンバリンで、鍵盤ハーモニカではないが、それがしたくて練習していた長女。

俺はそんな長女を健気に思い、半分泣きそうになったから、応援したくなった。

 

ところが、B型ヨメの怒声が響く。

「早くお風呂に入んなさいよ! じゃないと、もう! わたしが先に入るから!」

 

どうぞどうぞ、と俺は言った。

 

俺はYouTubeを開き、「幸せなら手をたたこう」を娘に見せ、指使いを教える。

指一本で弾く娘に、右手の指を上手く使う方法を教えた。

娘は少しずつこつをつかみ、上手になった。

 

やがてヨメが風呂から上がる。

 

「ママがお風呂から上がるから、練習はやめて、明日またがんばろうよ。」

と俺。

娘とお風呂に入りながら、「幸せなら手をたたこう」を歌う。

 

長女は、娘は、本当は鍵盤ハーモニカを弾きたかったのだ。

しかし、今度の発表会はタンバリンになった。

 

俺は決心した。

娘にピアノを買ってあげようと。

だって、悔しいじゃねえか、タンバリンって!!

 

ニトリでヨメが買ってきたコレ

おっと、本題はコレじゃなかった。

おとといの休日、ニトリに長女のランドセルを買いに行ったが、B型ヨメのインテリア熱に火がつき、こんなものを買った。

どこに飾ろうかと俺に相談はするが、そもそも、俺にはこんなもの飾る気はさらさらない。

見ての通り、【カフェビーチ】と書いてある。

このコンセプトが俺んちのどこにあるかが問題だ。

B型ヨメにコンセプトなんて意識はない。

ただ、コレそのものが気に入ったのであり、コンセプトとバランスは問題外。

 

ただ、俺はそのうち無印のアレを買うから、そういった意味ではコンセプトがバッチリ。

アレとは、コレ👇。

冬のボーナスも近い。

俺は、12月が待ち遠しい!

 

ニトリに行くときはご用心!

長女のランドセルを買いにニトリへ行ったんだが、どうもニトリに行くたびに、B型ヨメのへんちくりんなインテリアセンスがうごめくと見える。

長女のランドセルは数分で即決。

B型ヨメのどうでもいい買い物は1時間かかった。

ニトリへ行くときは用心せねばなるまい!

 

※ 余談だが、このインテリアの設置はネジは使っていない。

俺の天敵B型ヨメ

先週土曜日テレビで言っとったぞ。

ほにゃらら、とかいう擬音語が出てくる番組だ。

今まで常識だと思われていた事項について、これはウソだった!

と言い切る番組。

その中で、塩分の摂り過ぎが高血圧症につながるというのはウソだというのだ。

 

B型ヨメが勝ち誇った目で俺を見やがった!

俺はさんざんB型ヨメに…。

おっとここでヨメが書斎に来た!

ヤバい!

中断。

 

・・・。

 

 

ふう・・・。

 

ヨメがパソコンに興味薄くてよかった。

 

さて、

俺は高血圧だから塩分を控えるような料理を作るようにヨメに言ってきた。

そのヨメが、テレビを見ていてこう言った。

 

「ほら、やっぱり関係ないじゃん。」

 

俺は言い返せない。

だって、テレビでそう言っている。

しかも、かなり信頼できるデータまで画面に出やがった。

 

「毎日みそ汁でもいいじゃん!」

 

そう、ヨメはヨメなりに気遣っていた。

毎日みそ汁をやめて、スープも作っていた。

ただし、辛いスープだ。

スープはみそ汁より塩分は少ないと単純に考えている。

だからこんな言葉が出た。

 

「毎日みそ汁でもいいじゃん!」

 

ちがうぞっ!

みそ汁でも、出汁をうまく使えば十分に塩分控えめのみそ汁ができる。

俺はそういう努力をしてほしいのだ。

 

だが、もう遅い!

 

とんでもないテレビを見せてしまった!

 

B型ヨメは、勝ち誇ったような目で俺を見やがった!

 

塩分を摂ると血圧が上がるのは間違いないことらしい

ネットで調べた。

これは正しいのだ。

ただ、これは一時のこと。

塩分を摂りすぎる状態が続くと高血圧症になるリスクが高くなる。

ただ、確かに、塩分の摂り過ぎがそのまま高血圧症の原因かというと、そこまで言い切るサイトはなかった。

 

なにが正しいのか?

思うに、ただ塩分の摂り過ぎだけの問題ではないんだろう。

高血圧の原因が、塩分だけとは限らないことについては、俺はそうだと思う。

物事の原因は、コレだ!

とは言い切れない。

つまり、様々な要因がからんでいる。

 

しかしだ!

 

塩分の摂り過ぎがいいとは言えない。

これは真実だと俺は思う。

 

今日、焼き茄子が出たが、これが辛かった。

もう、B型ヨメは塩分のことは気にしないだろう。

これ以上にも増して。

 

塩分どうのこうのは抜きにしても、辛いのはよくないと思う。

美味しければ、たとえ塩分が多かったとしても、俺はよしとする。

 

早死にししても、本望だ!

俺の天敵B型ヨメ

寒暖の差が激しい今日この頃だったが、そのせいでとうとう長男が風邪を引いた。

それが俺に移ったが、ウイークデーはなんとか耐え、土曜日にダウン。

それでもこのブログのデザインを変更したりした。

今日日曜日はとうとう長女が発熱。

体調が万全ではないが、昼から小児科に長女を連れて行く。

問題は、B型ヨメがダウンするかどうかだ。

今のところ大丈夫で、今はパートに出ている。

 

B型ヨメのインテリアエリア

さて、記事の本題に入る。

B型ヨメも新築マンションに引っ越し、テンションはマックス。

俺は実家のど田舎に家族を道連れにするつもりだったが、考えをコペルニクス的転回。

都会で子どもを育て、マンション暮らしを決断した。

このことについては、B型ヨメは大喜び。

関西の都会育ちのヨメだから、俺の株も大分上がった。

 

いざ引っ越すと、インテリアに関する問題が起き上るが、俺んちの場合、それほどでもなかった。

どの部屋のインテリアを支配するかは、ヨメと特に話し合ってはいない。

そういうのは自ずとはっきりしてくる。

 

まず、キッチンとトイレ、洗面所などのサニタリーエリア。

つまり水回り。

これはB型ヨメだ。

 

リビング、主寝室、和室は俺。

ただ、子供部屋はB型ヨメの支配が強い。

 

重要なインテリアについては夫婦会議を開くが、ちょっとしたものはヨメが勝手に進めている。

 

例えば、B型ヨメとの闘いが始まったことを自覚した、B型ヨメの驚異のインテリアセンス。

写真を見てくれ!

これはまったく俺の同意なし。

トイレのドアだ。

手前に開く。

その場所にコレ!

まあ、俺は寛大だから大目に見た。

ただ、許せないのは、ココ☟

押しピンだ!

いずれ、ドアの開閉の衝撃で落ちるかもしれん。

さらに、左右均等ではない!

パッと見てもわかる!

ちなみに計ってみた。

右が約27センチ。

左が約23センチ。

やっぱり!

均等ではなかった!

これはインテリアセンスがあってこうしたわけではなく、ただ単にアバウトなのだ。

 

次にトイレの中。

こういったカバー類については特に文句はない。

夏という季節を考えたチョイス。

これは秋、冬バージョン。

こっちの方がゴージャス感があるので、俺は好きだ。

 

ドアを開けて正面の壁のインテリア。

これについては特に異論はない。

いいんじゃない?

これも。

足下も…。

 

そして今回最後のダメだし!

このインテリアについては特にない。

ただ、ココ☟

無愛想なネジに引っ掛けてある!

しかも、落ちそうなんだ!

 

結論

インテリアは、飾るモノも大事だが、壁へのダメージを考える必要がある。

なるべくダメージは抑えたい。

B型ヨメの容赦ない押しピン・ネジ攻撃が今後も続くのかと考えると、俺は恐怖を感じた訳だ。

B型ヨメとの闘いが始まったと自覚した。

 

もちろん、B型ヨメには注意した。

なるべくやんわりと、わかりやすく。

それからは、設置位置や設置方法を相談するようになった。

しかし、それがいつまでも続かない。

突如、どうしようもないインテリアが飾ってある…。

まさかと思って取ってみると…。

無惨・・・。

 

B型ヨメとの闘いは続く…。

 

俺の天敵B型ヨメ

残念ながら、写真は撮れなかった。

つい昨日のことだ。

 

B型ヨメは俺にいつも聞く。

 

今日、なに食べたい?

 

秋だからサンマが食べたいところだが、マンションではそれは御法度。

だからブリ大根が食べたいと言った。

 

で、作ったヨメだが、大根はめっちゃ醤油色。

 

おもしろかったのは、さすがにヨメもあんまりだと思ったようで、

「大根、食べなくていいから!」

 

おっ!

俺の健康を気遣っている!

そう思ったよ。

ホッとした。

 

で、このブログ用に写真を撮りたかったが、それができなかった。

残念だ。

 

ヨメの言い訳は、

「ブリの臭みを消そうと思ってん。」

臭みを消そうと醤油を多量に入れたらしい…。

 

わからん、B型ヨメの生態!

この事件の写真が撮れなく残念だったから、今夜子どもとヨメが寝静まってからネタはないかと探してみた。

すると、あった、あった!

 

まずは写真を見てくれ。

台所のガスコンロの前に置いてあった。

ラップに包んだご飯。

コレって、俺は不思議に思う。

まあ、マンションだからという安心感はあるのだろうが、食べもんを無造作に置くということに俺は違和感をもつ。

皆さんは、これ、どう思う?

これは、冷凍してあったご飯。

明日食べるために、ヨメは自然解凍をしているわけだ。

俺は、まず基本、ご飯は冷凍はしない。

朝食べるご飯は炊きたてをいただく。

B型ヨメにこの意識はない。

俺や子どものために炊きたてご飯は準備するが、ヨメ自身は解凍したご飯を食べている。

ヨメは、そっちの方がおいしい!

と言うのだ。

う〜ん、この感覚は、わからん。

 

マンションに引っ越す前は、戸建てのボロ屋だったのだが、そこでもこんな調子だった。

ゴキちゃんとかもいるのに、平気で食べもんを台所にさらしていた。

 

コーヒーは最後まで飲め!

コレ以外にないかと冷蔵庫を覗いてみたら、あったぞ!

写真を見てくれ。

まさかと思ったが、あってよかった!

俺んちのB型ヨメ、期待どおりだっ!

 

このコーヒーカップ。

なぜ冷蔵庫に、と思うだろう。

 

俺んちのB型ヨメにはよくあること。

いつぞやは奥の飲み物を取るときに、危うく落とすところだった。

なんだこれ!

と洗ったこともあった。

だってこんなんだもん。

こんだけ飲み残して冷蔵庫に入れている!

 

俺は言いたい!

 

全部飲め!

 

なんで中途半端で残す!

しかも汚い!

よく飲み続ける気になるよなあ。

 

よく言えば…

モノを大事にするということが言えるかもしれんが。

B型ヨメのこの感覚には付いて行けない俺だ。

ちなみに、B型ヨメは寝付きもいい。

ベッドに横になるとものの数秒で熟睡。

幸せなヨメだと思う。

俺の天敵B型ヨメ

おかげさまで、わずか26サイトほどが登録している【マンション暮らし】ランキングで、ここ数日1位となっている。

総合ランキングまでは、まだまだだが、カテゴリーで1位というのも悪い気はしない。

今日はワンコロのおなかをワンクリックしてくれた人もいたようで、有り難い。

この場で礼を言うのはなんだが、感謝している。

ありがとう!

 

それに引き換え、

俺のブログの記事を読んでいながらポチッとしねえヤツがいる!

お前、性格悪い!

なんのために生きていやがる!

滝に打たれて来い!

 

なぜ料理が不得意なのか?

さて、にわかに人気記事となりつつあるB型ヨメの記事。

今回は料理について。

 

俺が高血圧だから、なんとかしようという気持ちはあるようだ。

本人なりに努力はしている。

その努力は認めるのだが…。

 

ただ、B型というのは、思考と行動が伴わない

 

そういうもん、らしい。

 

つまり、高血圧の旦那のため塩分は控えようと考えるわけだが、簡単にいうと、それができない。

 

なぜできないのか、そこがB型の不思議なところなのだ。

 

料理が不得意なヨメが作る料理

いくつか挙げてみましょう。

・カレー

・ラーメン

・お鍋

・バーベキュー

・お好み焼き

・たこ焼き

・流しソーメン

 

ラーメンとはカップ麺。

そして、このうちお鍋、お好み焼き、たこ焼き、流しソーメンは俺が担当。

ヨメはその食材担当。

まあ、ひとことで言うと手間のかからない料理ばかり。

 

もちろん得意な料理もあるが、次の三品。

・豚の角煮

・豚汁

・チーズケーキなどのスイーツ

 

野菜の切り方が不揃い

例えばバーベキューのときの野菜。

根菜などは輪切りにするが、その厚さが不揃い。

 

「このニンジン、厚くない?」と俺。

「ごめんごめん、今度は気をつけるから。」

 

こういう会話が5年ほど続き、今では俺はもうなにも言わない。

だが、少しずつ厚さが揃うようになってきた。

ヨメも努力はしているわけだ。

 

そんなとき起こった事件。

それはゴボウだった!

 

厚すぎる! ゴボウ

まずは写真を見てくれ!

なんだよこの厚さ!

ゴボウのサラダを作ってくれたのはいい。

いいんだが…。

この厚さにはビックリ。

これはネタになると思い、ヨメに隠れてスマホでカシャ!

 

「これ、厚すぎるよ!」と俺。

これに対するヨメの回答がすごかった!

 

「噛む力がつくでしょ。」

 

「俺は子どもか〜!」

と心の中で叫ぶ。

歯はボロボロの51歳。

固いゴボウを必死に噛み砕く。

俺の天敵B型ヨメ

このブログ、毎日70〜100のアクセスがあるから、俺も毎日更新を努めてきたが、仕事がハードで、しかも3歳の息子から風邪をうつされた。

金曜日から息絶え絶えに生きている。

カラダがだるくて仕方ない。

熱はないが、カラダの芯に生気がない。

お年寄りがただの風邪で亡くなることがあるが、わかるような気がする。

つくづく健康ってありがたい。

 

さて、日曜日の朝になってようやく記事を書く。

二杯目のコーヒーを飲みながら。

 

危ないよ、と注意するんだが…

まずは写真を見てくれ。


何の変哲もない台所。

対面式の、近頃のマンションではおなじみの間取りだ。

使い勝手等については、ヨメが牙城としているエリアなので、ココではコメントを差し控えておく。

いずれ俺が主夫となり、俺流の台所となる日まで、雑然としてかっこわるい台所はしばらくの我慢だ。

今回の問題は、まあ、大したことではないが、しかし、よく見ると、大変危険な要素が含まれていると気づく人もいるだろう。

 

そう…。

壁に掛けてあるカレンダーなど。

「火に近いところに燃えやすいものは置かない方がいいよ。」と俺。

 

「・・・でも、ここが見やすいからさあ。」とヨメ。

 

結局、変える気はさらさらない。

だって、

我が道を行く

B型だから!

 

料理をしながらケータイで長電話をするヨメだから、俺はときどき台所で火の手が上がっていないか用心している。

俺の天敵B型ヨメ

B型ヨメのカテゴリーを設置したが、これが結構人気がある。

このブログは立ち上げて2週間。

1日50人から100人のアクセスがある。

マンションブログだから、それ関連の記事が多いが、それだけではもたんと思い、このB型ヨメのカテゴリを追加したわけだが、まずまずの感触だ。

で、今回は弁当の記事。

 

ウインナーは塩分が高い、これ常識

まずは写真を見てくれ。

説明はいらないが、俺のランチだ。

弁当箱は以前紹介したmuku工房で購入したもの。

問題はウインナーふたつ。

確かに鉄板のおかずだし、俺の好物なんだが、いつもコレ。

血圧が下がらないのもムリはない。

 

卵焼き、ふたつ。

味付けはやっぱり辛い。

 

焼き鳥? 三個。

もちろん辛い。

 

そしてとどめはご飯の上の昆布。

 

この弁当の塩分、どんだけ?

もしこのブログを見ている方に栄養士さんがいたら、教えてくださいな。

 

繰り返される日常

連日の弁当は…。

似たようなもんだ。

お野菜は少し。

 

まとめ

高血圧症の旦那にこれでもかと続くB型ヨメの塩分攻撃。

前回のタラスパに続き、弁当も容赦ない。

子どもの弁当は喜んで作るくせに、旦那の弁当となるとめんどくさがるB型ヨメ。

やはり、愛情の問題だろう。

この弁当を食べたあと、最低でも500ミリリットルの水を飲む俺。

もちろん、帰宅後のジョギングは欠かさない。

俺の天敵B型ヨメ

俺の血圧だが、決して安心できる数値ではないのだ。

ザクラスとかいうクスリだが、わりと強いレベルのクスリ。

それなのになかなか効果が上がらない。

 

B型ヨメはそんな俺を心配している様子。

食後にそそくさとクスリを出す。

 

「血圧、どう?」

 

心配顔で聞くから、妙な疑念は払拭される。

 

しかし、やっぱり…。

みそ汁がいつまでも濃い。

食事前のチューは欠かさない俺たち夫婦。

 

B型ヨメの心中がわからん。

俺の血圧を気遣っているようだが、行動がそうではないのだ。

 

昼食メニューからわかるB型ヨメの策謀

最近、ヨメが日曜日にもパートに出ることが多くなった。

時間は9時から午後2時までとか、長時間ではないが、つい先週の日曜日のお昼ご飯に、俺は嫁の本心を見たような心地がした。

俺は料理は好きなので、作ろうと思えば作るんだが、ここ数ヶ月はブログのことで多忙だった。

だからすっかりヨメ任せになっていて、おにぎりやパン、即席ラーメンなどの簡単なものになってしまっていた。

子どもにも申し訳ないと思うこのごろ。

そして、先日の日曜日の昼食メニュー。

本当に、高血圧症の旦那に食べさせるメニューとは思えない。

 

タラスパ!

 

俺にとっては、恐怖のタラスパ!

調理して、といってもパスタをゆでて混ぜるだけ。

しかしこの鍋!

パスタを茹でる鍋として適切だろうか?

すぐに調理できるようにヨメが用意していた鍋。

小さいような気がするし。

どうもこのあたりが、B型なんだわ。

 

俺はこの量。

本当はこの半分くらいでいい。

何と言っても、高血圧症。

辛いタラスパを泣く泣く食べた。

 

ヨメには不満を言わず

帰ってきたヨメは、俺が洗った食器をもう一度洗い直し

いい気はしないが、文句を言うとタラスパのこともあってケンカになると考え、じっと我慢。

まあ、ここは水分を多めにとって対処。

辛い嫁のメシには水で対処

こういう方針が、俺のなかでは固まりつつある。

俺の天敵B型ヨメ

このブログでは、B型ヨメの恐ろしさを随時教えてやるが、

「おいおい、大丈夫かよ、嫁にバレるだろ。」とか、

「このブログが原因で夫婦ゲンカになったら大変じゃない。」

「離婚するかも。」

などと、余計な心配をするヤツもいるかもしれんが、もちろん、心配ご無用だ。

 

B型ヨメはおおらか・・・だ。

ビコーズ、小さいことは気にしないから。

時々俺が「お前はB型だからよお・・・。」と言うが、ヨメはそう怒りもしない。

だいたい、このブログを見ようともしない。

これは、血液型というよりも性格なんだろうか?

いや、性格を決定づけるのが血液型だという前提でいえば、やはりB型の「細かいことは気にしない」というスタンスが、よく言えば「おおらか」という褒め言葉となる。

 

嘉門達夫の「血液型ハンバーガーショップ」

知る人ぞ知る、嘉門達夫の名曲なんだが。

知ってるか?

知らんのなら次の動画を見るがいい。

ハンバーガーショップの店員さんの応対を血液型別に分析し、歌にしたものだ。

この歌にうまくマッチさせたゲームの動画があまりにも秀逸だ。

自由奔放なB型の特徴がおもしろく表現されている。

 

 

俺のヨメはまだ「むちゃくちゃバーガー」は作ってはいないが、相変わらずみそ汁は濃いぞ!

血圧も下がらん!

俺の天敵B型ヨメ

このブログでは俺流のマンションの住まい方を考えているわけだが、家族がある以上、なかなか思い通りにいかないことがある。

それが悩みのタネなんだが、俺のヨメの血液型がB型というのが、この悩みに輪を掛けている。

 

 

えっ? B型の嫁がなんなの?

どうかしてるわけ?

という人も多いことだろう。

B型女性に運良く遭遇したことがない人のために、まず説明しておきたい。

 

ある美容師さんの話

俺はいわゆる、美容室に行く男子だ。

男子はおかしいか。

オヤジだ。

 

理髪店に行くと、いかにも髪を切ってきました!

って感じになる。

薄毛オヤジにしてみれば、職場で頭髪が注目されるのは避けたいところ。

 

美容室なら、スタイリッシュに仕上げてくれるし、理髪店のように切りすぎることもない。

まあ、美容室でもそういうことはあるが…。

イメージ通りに切ってくれるお気に入りの美容室は、なかなか見つけづらいものだ。

 

おっと、美容室についてはこれくらいにして、ある美容師さんの話をしよう。

美容師さんは大塚さん(仮名)、若い男性。

以前お気に入りの美容室で、俺を担当してくれた人だ。

髪を切っている間、俺は寝るタイプなんだが、この大塚さんに切ってもらうようになってからはそうはいかない。

話は簡単で、この大塚さん、話し好きの美容師さんだった。

 

いろんな話をしてきた中で、B型女性の話が何回か出てきた。

つまり、大塚さんがつき合っていたカノジョの話だ。

 

我が強い、味見をしない

ひとことで言うとコレだった。

B型女性は、自分の世界というものをもっていて、決して信念を曲げようとしない。

悪く言えば、我が強い。

悪いところを直そうという気持ちはさらさらない。

 

料理の味見をしない。

つまり目分量。

大塚さんがB型カノジョと同棲していたかは定かではないが、「みそ汁が濃い!」と嘆いていた。

そして、B型カノジョはそれを直そうとはしない。

 

我が道を行く!

 

これがB型女性なんだと、俺はさんざん聞かされた。

そしてまもなく、大塚さんはそのカノジョと別れたらしい。

 

転勤したため、その美容室に行けなくなり、大塚さんに髪を切ってもらうことはなくなったが、彼のひとことが今でも耳に残っている。

 

「B型女性はやめた方がいいですよ!」

 

 

そんなボクが出会った女性

もてない俺は、44歳まで独身。

ああ、もう結婚はできないのか!

と毎晩アルコールの海を泳ぎ、人生を悲観していた。

 

そんなとき、偶然出会った女性。

そして、惹かれ合い、結婚をすることになった女性。

 

お察しのとおり、B型だった。

すると、あの大塚さんの言葉が!

 

「B型女性はやめた方がいいですよ。」

 

そんな!

B型がなんだ!

血液型でなにがわかる!

 

大塚さんよ、あんたはたまたまそうだっただけだよ!

B型女性がすべて「我が道を行く」わけじゃない!

 

俺が出会ったこの女性は、そうじゃない!

 

・・・。

はずだった・・・。

 

正しかった大塚さん…

そういうことだ。

美容師、大塚さんは正しかった。

 

結婚して7年。

 

俺のヨメは料理の味見などしない。

俺は高血圧でクスリを飲むようになった。

俺は説明した。

病気のこと。

それでも、みそ汁は味が濃い。

料理の味が濃い。

なんでも辛い。

 

「ごめん、辛かった?」

 

これがヨメの口癖。

「こいつ、じんわりとオレを死に追いやっている!」

そう思うときもあるが、しかし、夫婦仲は、まあいい。

俺は、ダマされているのか?

ヨメは12歳年下。

あり得なくもない・・・。

 

 

マンションを買うと団信というものがある。

俺がお亡くなりになると、マンションのローンは保険屋が払ってくれる。

それがB型ヨメの狙いなのか…。

 

なんとか生き延びたい!

B型ヨメとのある意味これは闘いだ!

 

そしてマンションのインテリア。

俺流にいきたいが、B型ヨメがダサいインテリアで立ちはだかる。

 

いずれにしても、このブログはヨメに内緒で続けて行くことになる。

スポンサーリンク